西洋梨ゴールドラ・フランス

ラ・フランスについて

西洋梨ラフランスはフランスで発見された品種といわれ日本で栽培がはじまったのは明治時代。山形の気候風土でおいしく育つ西洋梨として人気の高い品種として注目されています。香りがよく果汁がたっぷりでまろやかな舌ざわり、口の中にさわやかな甘みと適度な酸味が広がり、「果物の女王」とも呼ばれています。
当園では、ラ・フランスをはじめ、めずらしいゴールドラ・フランスの栽培もおこなっております。

ゴールドラ・フランス

当園では 幻と言われた品種、ゴールドラフランスの栽培もおこなってます。大玉に育てるのが通常のラフランスに比べむずかしく
技術を要するといわれています。特徴的なのは光輝く黄金食だけでなく、コクと深い旨味、濃厚な甘さと豊潤な香り、とろけ
るような食感、カルシウム、ビタミンも多く、滴る果汁は芳ばしい香りでラフランス系統の中で最も美味しいとされている品
種として注目されています。

太陽が均一にあたる棚仕立で栽培。
広い果物園で太陽の陽をたっぷりとあびて大きく育つ秋のゴールドラ・フランス

2012年11月開催されましたラ・フランス食味コンテストにて、
最高賞の山形県知事賞、アロマ賞に選ばれました。

2011年11月開催されましたラ・フランス食味コンテストにて、
最優秀賞、JA山形組合長賞、アロマ賞に選ばれました。

収穫からお届けまで

おいしい食べ頃の目安

保存方法

食べ頃の時期をずらしたい場合はラフランスを小分けにしてください。16度位の暖かい場所におくと早く熟します。
ゆっくりお召上がりいただきたい場合は10度以下の涼しい場所に保存ください。

おすすめの食べ方

ナイフがすっと入るくらいのやわらかさまで完熟させ冷蔵庫で冷やしていただきますとよりおいしくお召上がりになれます。
常温で完熟させたものを 食べる数時間前に冷やすのが理想です。

ページトップへ