赤い西洋梨リーガルレッドコミス

リーガルレッドコミスの栽培をはじめました。

当園では「リーガルレッドコミス」の栽培に取り組んでおります。
着果量と食味のバランス、適切な収穫時期、追熟の仕方にまだまだ研究の余地がありますが、
早く生産できるようにし、たくさんのお客様に味わってもらえるように頑張りたいと思っております。

新品種“赤い洋梨” リーガルレッドコミス

リーガルレッドコミスはアメリカ、オレゴン州のチャールズ・キニー氏の果物園で
「ドワイエネ・デュ・コミス」の赤色系の枝変わりとして1960年に発見されました。
西洋梨では希少価値が高く、果皮の赤い品種が注目されています。

収穫時期は10月上旬で「ラ・フランス」より10日程度早く
最大の特徴は果皮が赤く、きめ細かい果肉でなめらかであり追熟がわかりやすいのです。
収穫時は赤褐色をしていますが追熟すると鮮やかな赤色が果実全体に縞状に着色します。
これはキメラと言い、2つの遺伝子を持っていることからでる特徴です。

● 収穫時の写真

● 追熟したリーガルレッドコミス

リーガルレッドコミスや最新情報はブログにてお知らせします。
ブログページはこちらから
ページトップへ